熱中症の症状とは?予防対策法やおすすめグッズで快適な夏を!

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

2024年の夏も気温が高く、猛暑が予想されています。

気温上昇することで、体へのリスクが高まります。

そこで、熱中症の症状や対策、夏を乗り切るおすすめグッズなどをご紹介しますので、是非参考にしてみてください^^


熱中症は、体温調整ができず体に熱がこもっている状態になっています。

長時間高温の場所にいることで体温調節機能が正常に働かなくなって、体内に熱がこもってしまう状態になります。


体内の水分や塩分バランスが悪くなり、さまざまな不調をもたらします。


高温かつ湿度も高い日は特に注意が必要です。

以下のような人は特に注意が必要です。

高齢者、乳幼児
暑さになれていない人
肥満度が高い
運動不足、睡眠不足

特に高齢者は、体力の低下や、感覚の衰えによって水分不足を自覚しにくくなっていることから、室内にいても熱中症になる可能性があります。

また、小さな子どもは体温調節機能が十分に発達していないことから、より注意をしたほうがよいでしょう。

熱中症対策とポイント、おすすめグッズを以下にまとめました^^

エアコンや扇風機で室温調整する

ポイント:エアコンは、効きをよくするためにも夏前に掃除しておきましょう!

\専門業者:おそうじ革命/

\専門業者:ハウスクリーニング110番/

こまめな水分補給

ポイント:喉がかわいていなくても、意識的に水分補給をする

\熱中症対策仕様になっていて塩分補給もできる/

帽子や日傘で日差しを防ぐ

ポイント:強い直射日光になるべく当たらないようにする

\軽量でコンパクト!amazonで大人気*konciwaの日傘/

冷たいタオルなどで体を冷やす

ポイント:特にわき足の付け根を冷やすと効果的!

\冷凍庫で10分!結露しないのがうれしいネッククーラー/

十分な睡眠と健康的な食事をとる

ポイント:快適に眠れるよう対策をとる

\嬉しい防ダニ・吸湿速乾で快適に眠れる/

熱中症を疑う主な症状をあげます。

・高体温
・めまい
・頭痛
・倦怠感
・意識障害
・大量発汗

めまいや立ちくらみなどを起こすことにより、転倒してしまう恐れもあるので注意が必要です。


また、普段とは違って上記のような症状がでた場合、早急に対処しましょう。

自分や周りの人が熱中症になった時のための、応急処置をあげます。
応急処置をすることで、重症化を防ぐことができます。

#7119に電話してまず相談をする
場所に移動して、三大局所(首、わき、足首)を中心に冷やす
冷たい水や経口補水液などで水分補給する

(呼びかけに無反応の場合はすぐ119救急車を呼びましょう)

#7119とは?
【東京消防庁救急相談センター】相談医療チームが24時間・365日対応しています。
救急車を呼ぶか迷った時は、電話して相談することができます。
⇒詳細を見てみる

コメント