大谷翔平がInstagramで紹介して注目の南部鉄器の特徴と魅力

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

大谷選手が、地元の特産品、南部鉄器で作られた急須と湯呑を紹介して話題になっていますね。
沸かしたお湯がまろやかな口当たりになり、鉄分も摂取できる「南部鉄器」。

鉄鍋や急須、鉄瓶などさまざまなラインアップがあり、日本だけなく世界中で人気を集めています。

そんな南部鉄器の特徴や、南部鉄器の鉄瓶とはどんなものなのかご紹介していきます!

南部鉄器の起源

南部鉄器とは、江戸時代中期に誕生した伝統工芸品です。岩手県盛岡と奥州水沢が主な産地です。

約380年前の江戸時代中期に南部藩主が京都から釜師や鋳物師を招いて茶の湯釜を造り始めたことが起源です。

南部鉄器の特徴

南部鉄器は、銑鉄を主原料として造られています。

鉄瓶、急須、鉄鍋、風鈴など、様々な製品が銑鉄を使用しています。

さびにくく長持ちすることや熱が均一に伝わること、保温性に優れていることなども特徴の一つです。


南部鉄器を使うことで短時間で料理がおいしく仕上がったり、

炒め物もシャキシャキした食感になります!

重量感と安定感、ざらっとした独特の風合いが、素朴ながらも美しさがあります。

鉄瓶には職人によって様々な紋様が施されていて、表面がポコポコしたデザインのアラレ紋様が特に有名です。

南部鉄器のデメリット

重い: 鉄製の急須は一般的な急須よりも重く、扱いにくいことがあります。女性の場合だと、500ml程度の容量が無理なく持てる目安です。

外側の色移り: 急須の外側は素焼きの状態であり、直接置くと黒い鉄の色味が移ることがあります。急須敷きを使って色移りを防ぎましょう。


南部鉄器は、サビにくい、保温性に優れているなどのメリットもありますが、これらのデメリットに注意して使いましょう。

南部鉄器 人気の理由

南部鉄器の人気の理由は、

長く使える一生モノ:
陶器などと比べて格段に割れにくい南部鉄器は、丈夫で長持ちします。

大切に扱えば何代も使い続けることができ、使い込むほどに奥深い味わいが楽しめるのも魅力です。

白湯もまろやかで優しい味に:
鉄が水のカルキを吸着するため、南部鉄器で沸かしたお湯はまろやかで口あたりが良くなります。


こういったところにあるのではないでしょうか。

デザインも様々なものがありますので、探してみてはいかがでしょうか^^

コメント