『KINTO トラベルタンブラー』使いやすい350mlタイプは漏れる?

※本ページはプロモーションが含まれています


キントーの水筒は、もう何年も前に購入していて、

ほぼ毎日愛用しています!

キントーの水筒にも様々なデザインのものがありますが、

何年たっても断然このカタチのタンブラーが好きです。

KINTOとは

KINTOとは、1972年滋賀県彦根市で創業されたインテリア雑貨などの企画開発をしている会社で、アメリカやヨーロッパにも子会社を持つグローバル企業でもあります。


本社もお店も全部おしゃれですね。

この水筒をご紹介するにあたり、本社ホームページをじっくりのぞいてみましたが、植物も扱っていたのを私は初めて知りました。

植木鉢のデザインもやはり素敵です。

キントー公式HP





KINTOトラベルタンブラーの仕様

KINTOトラベルタンブラーには2種類のサイズ展開があります。

350ml
寸法直径70mm × 高さ170mm
重さ245g
500ml
寸法直径74mm × 高さ197mm
重さ310g

保温効果・・・65℃以上(6h)
保冷効果・・・8℃以下(6h)

私が持っているのは350mlサイズです。

水分はそんなにとるタイプではないので、350mlで十分間に合っています。

たくさん飲まれる方は、500mlのほうがいいかもしれません。

KINTOトラベルタンブラーの特徴

デザインが良い

もうこれは、一番の特徴といっても良いのではないでしょうか。

何か商品を選ぶ時は、見た目から選びませんか?

会社のデスクに置いていても、好きなものが周りにあるだけで癒されます。

飲み心地が良い

子どもがいるので水筒は大小色々買っていますが、この口あたりの良さは格別です。

なんという飲み心地の良さなのでしょう!

また、360℃どこからでも飲めるように設計されているのでストレスがありません。

保温保冷効果が高い

6hも温度を快適に保ってくれます。

ですので、朝でかけて夕方くらい、ほぼ一日温度をキープしてくれるので快適な温度を楽しめます。

汚れにくい

ボトル内面は、電解研磨されているので匂いや汚れが付きにくく、掃除がしやす仕様つくりになっています。

清潔に使えます。直径も広めなので、洗いやすいですよ。

メンテナンスできる

使っていくとパッキンが劣化していきますが、オンラインショップでパーツが売られているので長く使用することができます。
(愛用のティファール圧力鍋も蓋のゴムだけ買い替えられて便利だったので、こういう風にパーツ販売してくれるのは、とてもありがたいです。)

KINTOトラベルタンブラーは漏れる?

実は2回くらいバッグを水浸しにしてしまったことがあります(><)。


原因は、ゴムパッキンを逆につけていたからです。


つける際には、フチがあるほうを上面にしてとりつけて下さい。

まとめ


KINTOトラベルタンブラーの特徴をまとめると以下のようになります。

  • デザインが良い
  • 保冷保温効果が高い
  • 内面も汚れがつきにくい
  • 飲み心地が良い
  • パッキン交換できる

KINTOトラベルタンブラーは、アーバンリサーチとかおしゃれな雑貨店で見かけることが多かったです。

見るたびに気になってしかたなかったので、とうとう買いましたが、買ってよかったです。

テンションあがります。持っていると嬉しいです!そういうものに囲まれて暮らしたいです。


きっと、買ってよかったと思うはずです^^。





コメント